MENU

法律相談所を利用するメリット

法律相談所というと、弁護士に相談をするのは高いお金を取られてしまうのではないのか、法律相談所を利用するのは敷居が高いと感じている方は少なくありません。法律相談所にいる弁護士に相談出来る内容は、金銭トラブルから離婚、相続や遺言の問題、交通事故、借金の整理や刑事事件など幅広い相談をすることが出来る特徴があります。もちろん法律相談事務所の規模によって、得意案件がある弁護士が異なってくるので相談をする弁護士のタイプをきちんと調べて置くことが重要になります。

 

同じように相談をすることが出来る職種として、司法書士や行政書士などの資格がありますが、司法書士や行政書士は、有料で相談業務を受けたり、代理人として依頼を受けたりすることに一定の制約があるので、初めて利用する方ほど相談の種類の制限がない弁護士への相談が重要になるのです。

 

また法律相談所では、弁護士は全ての裁判手続・行政手続の代理を依頼することが可能です。特に最終的に裁判にまで至るような事件を担当する場合は、交渉から調停、第一審の訴訟、控訴審の訴訟、最高裁での訴訟まで様々な手続きを最後まで代理者として行ってくれる特徴があります。同じような依頼を行う際に司法書士や行政書士に依頼をすると、代理人として関与できる手続に一定の制約が出てしまうので、裁判手続や行政手続きは弁護士に相談する方が大半です。

 

ただ弁護士というと、上級裁判所の手続きをメインにやっている事が多いとイメージしている方が多いので、裁判にするまでもないような小さなことは弁護士に聞いてはいけないと相談を躊躇してしまう方は少なくありません。実際は弁護士はどんな小さな問題でも、どんな段階からでも関わることが出来るのでまずは法律相談所に相談をすることをおすすめします。