MENU

法律相談所の無料相談と有料相談の違いとは

法律相談所では相談するだけでもだいたい30分で5,000円ぐらいかかります。時間制ですので、相談時間によって料金が高くなる仕組みですので、法律相談をするだけでもある程度のお金を用意しておかなければなりませんので、かなりの出費です。

 

しかし中には無料で相談をすることができる法律相談所があり、国が設立した法的トラブルの解決窓口である法テラスのようなものもありますし、各自治体で無料法律相談を設けている場合もあるでしょう。無料で行える法律相談所と有料の法律相談所の違いは一体なんでしょうか。それは無料の法律相談所では依頼者の話を一通り聞き、弁護士から一般論としての解決方法を聞くことになります。

 

有料の法律相談の場合、一般の解決方法以外にも、当事者の立場に立ち、どのようにすれば解決することができるのか専門的なアドバイスをしてくれますので、最終的に有料法律相談をした方が得だという場合もあるでしょう。例えば身近な問題など、裁判を起こすほどの大きな問題ではなく、法律的な解決方法を具体的に知りたいという場合は有料の法律相談を受けた方が、費用がかからないというケースもありますので、このような場合はお金を出して相談した方が得だという場合もあります。

 

相談後に仕事を依頼するかどうかを決め、依頼した場合には着手金がかかり、依頼が終了した段階で、成功の程度に応じた報酬金を支払います。万が一依頼した案件が不成功であった場合は報奨金の支払いは請求されません。このほかにも事務手数料や交通費や通信費などの実費が請求されますので、最初に依頼した段階で最終的にどのくらいの金額が必要になるのかを確認してから、弁護士に依頼をするとよいでしょう。